Dafbc543aa1dc4e8d6f247dbf400f874
いつでもBom Apetite!

教会カフェでランチ

2017/05/21 00:14 昼ごはん

 神戸での新しい仕事も生活も少し慣れてきたように思うので、中断していたピアノのレッスンを再開しようと思い、東京で習っていた先生からご紹介頂いたこちらの先生の元に、初レッスンに行ってきた。


 私は存じ上げなかったのだがこの先生、九州や関東からも生徒さんが通ってくるような、生徒さんが多く音楽高校・音楽大学に進むような、また、国際ピアノコンクールで受賞する生徒さんを見ているような高名な先生であったらしい。しかしヘナチョコ素人な私にも大変親身に指導して下さる先生で、最寄駅までは車で送り迎え付きだし、初回レッスンの今日は、何と3時間も指導して下さった。よし、この先生に付いて行こう、と思える先生に出会えることはとてもラッキーなことと思っているので、先生にも、また先生を紹介して下さった東京の恩師にも、感謝感謝である。


 しかし3時間もの間、じっとりと汗がにじみ時々息も切れてしまうようなレッスンを受けると、さすがにお腹が空く(蛇足だが、私はピアノ演奏は運動みたいなものだと思っている。健康診断で「週に3回以上、汗が出るような運動をなさいますか?」と問診される時、いつも「あー、ピアノの練習とか、汗にじみますけど……?」と申告してみるのだが、ほとんど運動と認められることがない。残念な限りである)。先生の車で最寄駅に到着する頃、私の脳内は「ランチどこ行く???」という話題でもちきりに。


 脳内会議では提案が多く議論は一時紛糾しかけたものの、最終的に「美味しいサンドウィッチが食べたい!」ということで決着がついた。それなら気になっていた、三宮の教会を改装してカフェにしたという、老舗ベーカリーのランチを食べに行ってみましょう。







 お腹をペコペコに空かせた状態で、気軽にカフェに行ってみたところ、何と入口には整理券発券機、そしてその整理券を持って並ぶ、多くのお客さんが……、予想以上に人気店だった! 整理券によると私の前には7組のお客さんがいるということで、一瞬「今日は諦めて、別のところに行こうか」とも考えたのだが、結局引っ込みがつかなくなり、持ってきた本をカバンから出し、長期戦覚悟で待っているお客さん専用の椅子にどっしりと座りこむ。結局、20分くらい待っただろうか。




 テーブルに通されメニューを見ると、当初の目的であったサンドウィッチではなく、大きなボウルに山盛りの「サラダ」に目が吸い寄せられてしまった。実は私、2年前からダイエットをしており、ようやく選択肢の中でローカロリーなほうのメニューをチョイスする習慣が付きつつあるところなのだ。


 またも脳内では「サンドウィッチ目当てに来たのだからサンドウィッチでしょ」「でもサラダの方がヘルシーだと思う……」というディスカッションが繰り広げられ、結果的にサラダチームが勝利した。チキン、ハム、チーズ、半熟卵、そしてボウルの底にはトーストが入ったシェフサラダを頼んだ。


 サラダが運ばれて来たらまず、半熟卵をフォークの先で突っつき、黄身を周りのお野菜やトーストに絡めて、さて、いただきます。これ一皿でお腹一杯になるようなボリュームも魅力的だが、なによりもサラダボウルの底に隠れる、カリカリに焼かれたトーストが美味しかった。耳にしっかりとした厚みがあり、噛むほどに旨みが伝わってくる。さすがパン屋さんのカフェである。


 ピアノの先生のところには、これから月に2回ほどレッスンに行く予定。レッスン後はランチの食べ歩きに時間を使おうかしら、なんて思っているところ。まだまだ行ってみたいお店がたくさん! 

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください