Dafbc543aa1dc4e8d6f247dbf400f874
いつでもBom Apetite!

開かずの極小飯店

2017/08/25 15:54 昼ごはん

   会社の裏の、背の高いビルとビルの隙間に、どこでも見かけるような小さなコインパーキングがあって、さらにその隅っこに、小さな小さな飯店があるのを最初に見つけたのは、私が今の会社の採用面接を受けにきた日のことだった(実を言えば、会社の入り口が分からなくて、ビルの周りを一周グルリと回る羽目になり、その時ぐうぜん見つけたのだ)。


   どのくらい小さいかって、たぶん床面積にして2畳くらい? よーく見ると、店の表壁にかかっている写真や可愛らしいイラスト付きのおしゃれな手書き看板などから、ここがシンガポールチキンライスのテイクアウト専門店らしいということが分かるのだが、いかんせん店の手前にも奥にも、コインパーキングの黄色いド派手な看板が「平日800円、土日祝1000円、最初1時間200円……云々」などと主張しているものだから、よくよく注意していないと店を見落としてしまう。そんな小さな小さな店である。


   この店を見落としがちなのは、コインパーキングの看板に押されてのことばかりではなく、開いているのを見たことがなかったせいでもある。もしかしてとっくに潰れたお店なのかしらなどと思っていたら、メニューの書かれた看板の上に、「本日完売しました」という手書きの紙切れが貼られていた。完売? 完売しちゃうような店なの? 気・に・な・る!!!


 あいにく私、日ごろは弁当持参で会社に行っているため、ランチタイムに外食をするチャンスがなかなかないのだが、先日、早めにランチを済ませて午後から出張しなければならない日があったので、これはチャンスと11時半頃に財布をひっつかんであの店に行ってみた……、開いていた!!!


 メニューは至ってシンプル、シンガポールチキンライスのMかL(スープ付)にサラダを付けるか付けないか、それだけである。Mサイズをオーダーすると、バットから蒸し鶏の塊を2種類取り出し、それぞれ厚めのそぎ切りにしてごはんが見えなくなるほどたっぷりと乗せてくれた。おぉ、おいしそう。早く食べたくて、その必要はないというのに、思わず会社まで小走りで帰る。



 ごはんはジャスミンライスと佐渡こしひかりのブレンドということで、パラパラしすぎず適度に鶏の出汁を吸って、良い具合。鶏肉は臭みがなくしっとり柔らかで、普段なら絶対に食べない鶏皮まで完食。結構なボリュームだったが、途中、付いてきたXOダレ、ネギ生姜ダレ、チリソースで少しずつ味わいを変えて、最後まで飽きずにおいしくいただいた。あー、美味しい! 幸せ! もっと食べたい!


 ランチボックスと一緒に入れてくれたチラシを見ると、なんと1日限定40食だったらしい。どうりでいつも売り切れ御免で店が閉まっていたわけだ。お店に電話すると取り置きしてくれるという情報もゲットしたので、次に買いに行く時には、ランチタイム前に電話して「1個置いといて!」と確保依頼しようっと。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください