Dafbc543aa1dc4e8d6f247dbf400f874
いつでもBom Apetite!

食べ応え満点のジャンボ饅

2018/02/25 22:25 お買い物

 東京出張からの帰り、東京駅から新幹線に乗ろうというそのとき、「そうだ、大丸の地下であの巨大肉まん買って帰ろう」と思い立った。


 それは最近お気に入りの肉まん屋の五目まんで、何と1個330グラムという特大サイズ。ちなみに比較のため、コンビニの肉まんは1個で約100グラム、551蓬莱の豚まんは1個130グラムだそうなので、普段食べている肉まんの約3倍程度の大きさということになる。


 私がこの五目まんを好きな理由は、何といっても具の豪華さにある。細切りの豚肉やたけのこ、椎茸のほか、丸のままのうずら卵、マッシュルーム、ぎんなん、海老が入っており、蒸し立てアツアツを指先でつまんでパカっと二つに割るとこれらが中からこぼれ出てきて、「うひょーーー‼︎」と小躍りしたい気持ちになるのだ。


 出張翌日に早速いただくことにする。この大きさだし、私は3年強に及ぶダイエットの結果(と信じているのだが、もしかするとただの歳のせいかも……)、胃が小さくなって食べる量が減ったので、前夜の夕食は軽め、かつ朝食を食べず散歩に出た後に、ブランチとしてこのジャンボ五目まんを食すという念の入れようである。


 我が家の直径14センチのセイロにぎりぎり入るこの大きさ! せっかくだから、香港の友人がくれたプーアール茶も淹れましょう。


 もちろんひとつでお腹が一杯になるのだが、思ったほど胃にもたれないのは多分、具のメインが細切りのたけのこや椎茸で、どちらかと言えば「野菜饅」に近いということと、ごま油香る薄味仕様で最後まで食べ飽きないからではないかと思う。饅頭の皮が厚めなのも、皮好きな私には嬉しいところ。


 ちなみにここの肉まんも美味しい。店頭で蒸している肉まんをテイクアウトすることもできるけど、その場で頂くのはお勧めしません。だって肉汁たっぷりで、ひと口噛むと、中からどっと出てきて手を濡らすから(経験者は語る)。それでもこのジューシーさ、病みつきになること、間違いなし。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください