Dafbc543aa1dc4e8d6f247dbf400f874
いつでもBom Apetite!

かき氷

2018/07/27 18:22 くらし


 毎夏のことながら、またしても夏バテである。お腹が空かない。何も食べたくない。


 母に言わせると、どうやら私は赤ん坊の頃から夏が弱かったらしく、「普段はあれだけ意地汚いのに、夏になると水羊羹しか食べなくなっちゃってね~」とのこと。この言葉に影響されたのか、夏の我が家の冷蔵庫には必ず水羊羹が常備されるようになった。あと、みつ豆の缶詰と、心太も。家族でもいれば一緒に食卓を囲んだりして無理にでも一汁三菜の食事を取るのだろうが、気ままな独り暮らしゆえ、これらが夕食なんてことすらある。こうして夏バテの悪循環は生まれるんだろうなぁ。


 「食べる楽しみ」と「生きる意義」とがほとんどイコールで結ばれている私にとって、積極的に食べたいと思えるものが思いつかないことほど苦痛なことはない。何か無いのか何か無いのか~と脳内でぐるぐると必死に検索をかけてみる。あ、そうだ、かき氷ならどうでしょ。


 昨年引っ越してきた神戸の我が家の近くには、一年中かき氷を出す「創作かき氷専門店」がある。一杯のかき氷を丁寧に丁寧に作る店で、暑い時期の休日には2時間待ちなど当たり前の人気店。平日の夕方ならと早めに仕事を切り上げて行ってみたら、思ったとおり、待たずに入ることができた。


 今日は「アッサムティー(別添みるく付)」をオーダー。注文から品が出てくるまで20分ほど待たされるのだが、このお店のかき氷にありつけるなら待ち時間に文句ありません。レトロなガラスの器に高々と盛られた氷は口の中でしゅわっと溶けてなくなる軽さ、この氷の軽さとバランスの取れたシロップのさらりとした甘み、練乳ではなく優しい味わいの「別添みるく」をかければミルクティー味かき氷となり、二度美味しい……、あー、生き返る!


 今日頂いた「アッサムティー」は通年メニューだが、様々な季節メニューも豊富で、例えば今なら「桃」がおすすめだそう。ところで春限定メニューに「いかなご」というものを見つけた。いかなごって……、あの佃煮のいかなご⁈ 来春は、いかなごかき氷の調査に行って参ります。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください