Dafbc543aa1dc4e8d6f247dbf400f874
いつでもBom Apetite!

おひとりさまの温泉旅行

2018/07/16 14:30 旅行・お出かけ

 

 一人旅で温泉宿に泊まる、と言うと、ハードルが高そうと思われることがあるようだが、私は好きだ。ひとたび宿に足を踏み入れれば、仕事やPC、携帯などのデジタル機器から解放され、スケジュールや時間に一切縛られず、気ままに読書をしたり温泉に入ったり、ちょっと自分を甘やかしてエステをしたりする。夕食時には地酒を頂きながら、自分のペースで美食を楽しむ。


 今年の「海の日」を含む7月の3連休は1週間の出張のど真ん中ではあったものの、プライベートな時間が取れたので、金沢の温泉旅館に1泊してきた。


 用意して頂いた部屋は、窓を開けると真下に大きな池があり、何匹もの鯉が悠々と泳いでいるのを眺めることができた。部屋のテーブルの上にはビニール袋入りの鯉のエサと、「宜しければあげてみてください」と書かれたメモが。なかなか粋な演出と感動し、夢中になって窓から右左にエサを撒く。鯉の食い付きも良く、予想外に楽しい。



 お夕食には加賀料理を頂いた。「料理旅館」というだけあって、どれも作り手が手間暇かけて作ったことが伝わってきた。特に、鮎に添えられた「オリーブの西京味噌和え」が心に残った。お料理と一緒に頂いた加賀の日本酒は、その後お土産としてあちこちに発送した。


 翌日は猛暑の中、ひとり黙々と兼六園を散策したが、暑さのあまり意識が朦朧とし、最も印象に残ったのは「まるで罰ゲームのようだ……」という自分の感想のみ。ガイドブックによると兼六園はそれぞれの季節で違った顔を見せてくれるそうなので、再訪しようと思う。関西から金沢は比較的アクセスが良いので、きっとまた行くはず。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください