Dafbc543aa1dc4e8d6f247dbf400f874
いつでもBom Apetite!

コーヒー+梅酒=??!!

2018/08/01 17:08 お菓子 旅行・お出かけ

 

 東京出張の合間、以前から気になっていた、いつも店頭に行列のできている浅草のレトロな老舗喫茶店の奥に席を確保し、ホッとひと息。外は暑いから冷たいものでも頂きましょうかねとメニューを広げたら、「梅ダッチコーヒー」という文字が目についた。


 「ダッチコーヒー」は水出しコーヒーのことでしょ。で、「梅」って?


 どうやら「梅」とは「梅酒」のことらしい。ではこれは、コーヒーの梅酒割、いや、梅酒のコーヒー割?(この飲み物の「主」はどちらだ?) 「当店の看板メニュー」という売り文句に押され思わず注文すると、通常ならガムシロップが添えられてきそうなところを、少量の梅酒が添えられたコーヒーがやってきた。グラスのトップのスティックに刺さった梅の実が、何となくマティーニ様の雰囲気を醸し出している。


 まずは味見をと、コーヒーだけ頂く。とんがった苦みや酸味がなく、でもコクがあって、好みの味。それでは梅酒入れてみましょう。


 私「…………」

 同行者(コーヒー愛飲家)「これは……、もうコーヒーとは言えない。別の飲み物かも」


 少量だからかアルコールっぽさはないが、コーヒーと混ざり合って梅酒の酸味が強調された感じ。飲み続けると意外とハマるかもしれない、不思議な味である。何でも、この店の常連だったという作家の池波正太郎お気に入りのコーヒーだったのだそう。


 一緒にオーダーしたのは、バタークリームをロールしてホワイトチョコでコーティングした、小さなケーキ。バタークリームの風味で小さいころ時々食べさせてもらった市販のケーキを思い出し、思わず「懐かしい!」と唸った。店頭ではお土産用にこのケーキを何本も箱詰めしてもらう客の姿が見られ、飛ぶように売れていくその様から、人気の高さがうかがえた。甘すぎずサラリとした口当たりで、確かにいくつでも食べられそう。


 会計時になって、店頭のショーケースの中にレモンカスタードの厚い層が挟まったレモンパイを見つけた。美味しそう! 食べたい! 次回来店時のターゲットを見つけましたぞ。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください